消え行く昭和の風情

DSC_0383.JPG
DSC_0389 PicsPlay_1479089255513.jpg

本来ならばもう終了している築地の場内市場……。

もう少し楽しめそうなので、まだ行っていないお店にチャレンジしてみました。
ご飯はご飯でお腹いっぱい頂いたんですが、今日はチョット趣向を変えて喫茶店のご紹介♪

6号館の『愛養』さんと1号館の『木村家』さん。

お目当てのご飯屋さんの開店時間より早く着いてしまったので、食後のコーヒーならぬ食前のホットミルクコーヒー、450円。

『愛養』さんは、ミルクコーヒーなんですよ、カフェオレでなく。

この時期、夜明け前は肌寒く、アツアツのミルクコーヒーが身体をポカポカにしてくれます♪

カウンター奥のお客さんが新聞を広げながら煙草をプカプカしてたので、
『マスター、灰皿貸して下さいな。』って言ったら、
『灰皿ないの、下に捨てて。』って!
地べたを見れば吸い殻がチラホラ……。

う~む、昭和だ。

ポイ捨て禁止がすっかり身体に染み着いてしまった今、マスター公認とは言え、なかなかお店の床には捨てられませんぞ。

お会計の時、『あれ、吸わなかったの?』と聞かれたので、鼻を膨らませて
『次、頑張るっ!』って言ってきました。



二軒目は、茂助だんごのお隣、『木村家』さん。
お団子を買いながら、いつも店頭に並ぶサンドイッチが気になっていました。
こちらではパインジュースを注文、420円。

ジュースに刺さっているのはpenではなくストローです。

よく見りゃこちらの床にも吸い殻がチラホラ。
各テーブルに百円ライターが置いてあるのに灰皿は無し。

床捨ては掟かっ!

場内の喫茶店で煙草を吸うには、昭和の根性が必要ですな……。

『木村家』さんのテーブルには脇に底を切り抜いたペットボトルが逆さに下がっていて、老眼鏡が入っていました。
地味に嬉しいサービスです♪



どちらのお店も豊洲移転の準備をしていらっしゃる様ですが、この風情は場内でしか味わえないでしょうね~。



そうそう余談ですが、愛養さんでミルクコーヒーをすすってると、場内で働く常連さんですかね、『おはよー』って入って来てカウンターに座るんですな。
そしたらマスターが『どぶろく?』って聞くんですよ。

喫茶店でしかも朝っぱらからどぶろく?


どぶろく?



常連さんの前に出てきたのはアイスミルクでしたっ!


Posted at 2016年11月14日 [月] 12:11 | カテゴリー:雑記 |

バラティエ三昧っ!

PicsPlay_1473754707313.jpg PicsPlay_1473754692323.jpg PicsPlay_1473754674869.jpg PicsPlay_1473754660249.jpg PicsPlay_1473754640190.jpg

メインは頑張って二品!

奇跡の生還!!!
“メ~~~~シィ~~ッ‼‼”
『豪快!厚切りポークステーキ』

そして
ゾロVSくま
“ルフィは海賊王になる男だ!!!”
『肉球仕立てのハンバーグステーキ フライドエッグ添え』

どちらもボリューム満点!
ルフィの食欲にもしっかり応えられます。
ポークステーキのソースにパンを浸して食べるとこれまた美味♪

あれ?浸して食べてない?

チャンスは9月30日まで!



そして締めは
“偉大なる(←グランドと読む)フィナーレ”限定メニュー
『バラティエ特製 洋梨のムース サバガシラ仕立て』

ムースになるとマヌケ感がハンパないサバガシラ……。

でもほんのりとした甘さが口の中で広がり、バラティエの思い出を巡らせてくれるのさ♪



そんなこんなで大満足っ!

フィナーレは寂しいけど、心と胃袋にしっかりと刻み付けて参りました♪

詳しくはバラティエのホームページまで♪
http://goo.gl/XyQzS9



レストラン バラティエーーーっ!
長い間、クソお世話になりましたっ!!!


Posted at 2016年09月13日 [火] 18:28 | カテゴリー:雑記 |

クソお疲れ様でした!

PicsPlay_1473754587905.jpg PicsPlay_1473754836458.jpg PicsPlay_1473754803360.jpg PicsPlay_1473754780111.jpg PicsPlay_1473754737003.jpg

フジテレビにある【レストラン バラティエ】が今月いっぱいでグランドフィナーレ。

バラティエで育てて貰った一流コックとしては食べ納めをしなければっ!

小雨降るお台場へ……

久し振りのお店は温かく迎えてくれました。


食べたいメニューは数あれど、胃袋はひとつ。
ここはやはりサンジ絡みでいきましょう♪

まずは
“オールブルーって知ってるか?”
『ブルーオーシャン』
レディ&マドモアゼルは必ず注文してるはずっ!


そして、『サンジのまかないスープ』&『サンジのジャガイモのパイユ』
スープをすすってからパイユをパリパリかじるも良し、パイユをスープに浸して食べるもまた良し♪

あれ?浸して食べたコトない?
チャンスは9月30日までっ!



TO BE CONTINUED


Posted at 2016年09月13日 [火] 18:23 | カテゴリー:雑記 |

ふたつの舞台を終えて……

PicsPlay_1473304270270.jpg PicsPlay_1472825433711.jpg

Pカンパニー公演【虎よ、虎よ】
クリエ プレミア音楽朗読劇【ヴォイサリオン 女王がいた客室】

お陰様で無事に千穐楽を迎える事が出来ました。



思えば8月の暑い日、昨日は道三、明日はコンシェルジュと、稽古場巡りに明け暮れておりました。


福田善之先生の新作、真田幸村に続きまたも時代物。
歴史に疎い僕としては、時代背景やら人物相関図やら、ほぼゼロからのお勉強。
所作から殺陣まで、また新たな経験をさせて頂きました。

この歳で和物の所作や殺陣が新たな経験というのも困った話ですが……。

でもね、幾つになってもチャンバラは楽しいっ!

シェイクスピアの舞台でフェンシングは多少やってきましたが、男の子はやっぱり刀でチャンバラに燃えるものだと再確認。

三本も差してるゾロなんか、きっと楽しくってしゃーないんでしょうな……。


サスケ役の林さんも殺陣のシーンになると目付きが変わっていましたぞ。

後先考えずにファイトするから、殺陣の後はみんなゼーハーゼーハー、JAEの皆さんの様にはいかないもんです……。

福田先生の描く新たな斎藤道三と息子の関係、お楽しみ頂けましたでしょうかしら。



息子の手に掛かり本望を遂げた道三は、三日後、ロシアの没落貴族に生まれ変わります。



ホンマかいなっ?



文翁さんの作品では、いつも素敵な方々と共演させて頂き、とても刺激的♪

憧れの山路さんは勿論、宝塚の頂点で輝き続けた水夏希さん、そして説明不要の竹下景子さん。

少ない稽古にも関わらず、皆さんの磨き抜かれたお芝居を全身に浴びながら、ロシア貴族として楽しく没落出来たのは、俳優として、声優として、至福のひと時でした。

ラストには舞台と客席がひとつになって温かい拍手に包まれ、千穐楽にはスタンディングオベーションまで頂き(文翁さんは独りガッツポーズをしていた様ですが)、そんな中で竹下景子さんにキャスト紹介して頂いて…………


僕の名前を言って頂いて……



ダメだ、思い出すたび顔がニヤける(*≧ω≦)♪



時代劇と朗読劇、それぞれに違った経験をし、そのどれもがきっと将来の肥やしになる、充実した夏でした。



お忙しい中ご来場下さった皆さん、足しげく通って下さったお客様、遠方からお越し下さったお客様、応援メッセージやご感想を寄せて下さった方々、残念ながら観劇が叶わず、代わりに一生懸命 念を送って下さったファンの皆様、本当にありがとうございました♪



これからも素敵な作品を皆さんと一緒に楽しめる舞台、大切にしていきたいと思います。



舞台に限った事ではありませんが、ひとつの作品を創る時、多くの人が知恵を絞り汗をかき、そしてチャレンジをします。
今回も大勢のスタッフや共演者の新たなチャレンジを目の当たりに出来た事、その中の一人になれた事に心から感謝します。



関係者の皆さん、そしてお客様、ありがとうございました!


Posted at 2016年09月8日 [木] 16:44 | カテゴリー:雑記 |

とと姉ちゃん

PicsPlay_1467846778043.jpg PicsPlay_1467852684372.jpg

無事に出演回の放送が終わり、ホッと胸を撫で下ろしている、自称ひひ兄ちゃんこと平田広明です。



ご覧頂けましたでしょうか?

ボク、ちゃんとお芝居出来てました?



桂正和先生がNHKの公式サイトでコメントされていましたが、桂先生同様、僕もスタジオでは結構真っ白になってましたぞ。



撮影はゴールデンウィークの中頃……
皆さんが行楽地で『わーい♪』とか『きゃほーい♪』とはしゃいでいらっしゃる頃、NHKのスタジオでオジサンが二人、真っ白になっていた訳であります。

桂先生ご出演の放送日とは一週間ほど違いましたが、撮影日は同じ、コレ偶然です。

制作の方に伺ったところ、闇市のセットを組んだら、闇市のシーンだけを集中的に撮って、撮影の無い週末にセットを変えるんだそうです。
なので限られた時間で効率的な撮影をする為、ドラマの時系列は犠牲になるのですな……。

僕や桂先生の様にワンポイントな役柄でしたら問題ないんですが、レギュラーの方たちは大変です!

このシーンはいつのどの話か、大きな流れも小さな事件も把握した上で、ここは今日のシーン、次は一昨日のシーン、か~ら~のぉ~明後日のシーン……、
タイムスリップしながら撮影する訳です。

どうやって台詞覚えるんだろ……(←おもいっきり素人目線)



大きなスタジオに入るとそこはもう完璧な戦後の闇市、お店一軒一軒が、そこに居る人々が、喧騒も活気も終戦後そのものでした。



……本物の終戦後、知らないけど。



僕の役は闇市の商人。
どうやら、あまり上等なお店ではない様ですな。
シケモクのリサイクルをしながら、便利屋さんの様な何でも屋さんの様な……。

まぁ特に技術も資格も必要ない職種ですかねー。この人、戦争前は何してたんだろ……。



撮影はあっという間。
レギュラー陣の皆さんの淀みないお芝居とスタッフさん達の見事な連携プレーでズンズン進んで行きます。

シーンのセッティングをして役者が入り、軽いリハーサルとカメラテストをしてエキストラの配置を確認、立ち位置やメイクの直し、雰囲気を出す為に炊いたスモークが落ち着いたらハイ本番っ!

このスピード感に呑まれてオジサン達は真っ白になったのかもねー。


でもね、緊張しながらも楽しくやらせて頂きました。
とと姉ちゃんちの三姉妹や鉄郎おじさんとお芝居出来るんですから♪



素晴らしい機会を与えて下さった西田征史さん、NHKのドラマスタッフの皆さんに感謝です。



ご覧下さった皆さん、ありがとうございました♪



余談ですが、風呂敷に包んだ安物の紙、台の上に乗せて『用意したよっ!』って広げるのね。
リハーサルやカメラテストが終わる度に元の位置に戻すんだけどコレが結構重たいの。

向井理さんがニッコリ笑って『手伝いましょうか?』って♪



三姉妹には信頼の薄い鉄郎おじさんですけど、ひひ兄ちゃんは大好きですっ!


Posted at 2016年07月17日 [日] 12:59 | カテゴリー:雑記 |