平田広明と583系月光の旅

独占取材第二弾・平田広明、朗読を語る。

20130222_142055.jpg 20130222_142252.jpg

ーで?

平田・
いきなりかいっ!

例えば僕が昔のロンドンを思い浮かべて物語を読むとします。
お客様も同時にロンドンを浮かべるのですが、一人一人みんな違うんですよ。
行った事のある人や映画やドラマで知ってる人、本で読んでる人もいればほとんどロンドンを知らない人ももしかしたら居るかも知れない、昔のロンドンをね。
でもご自分の中に造り上げたロンドンはその人だけの本物のロンドンなんです。
僕が開ける病室の扉の色も重さも受けとる人によって様々。部屋には花瓶があるかも知れないし、絵画が掛かっているかも。
細かいニュアンスは自由に作って頂いて構わない。だからこそイメージを作りやすい読み方が必要になるでしょうけどね。
ビジュアルで限定される事が無いので『この時代にこんなデザインは無いよ』とか『想像していたのと違うなー』みたいな事が起こらない。
その分、言葉の責任は重くなります。
『この時代の人が「見れる、食べれる」とか、ら抜きで言うのかしら?』みたいなね。
情景は自由に想像して頂いて、物語の本筋だけを一緒に紡いでゆく、各々が作った世界で各々が観たい登場人物が共通の運命を辿る。思い思いの世界で同じ結末を味わう。これが舞台での朗読の醍醐味だと思います。

ー観る人の体験や願望で捉え方が変わる?

平田・
勿論それはビジュアルありきのお芝居でも言える事ですが、朗読劇の場合はより自由に広がるでしょうね。その分、観客の心に残る印象は強いと思います。

ーどんな朗読をしたいですか?

平田・
一方的に押し付ける様な読み方にならないのが当面の目標です。
枕元でお母さんが読んで聞かせる物語、子供が冒険の主人公になりつつ夢の世界に落ちてゆく、そんな朗読が出来たらいいですね。

ー聞きながら客席で寝て欲しいと?

平田・
バカっ!

ー朗読能の新作も発表されましたが。

平田・
こちらも楽しみです。【船弁慶】では色々と勉強させて頂きましたから。和楽器とのセッションも刺激的で今からワクワクします。音楽と言えば【THANATOS】も素晴らしかったですよね。

ーでは読者に一言。

平田・
どうぞ沢山の想像力を蓄えてお越し下さい。予習するも良し、まっさらな状態でご覧になるも良し。皆さんの想像次第で物語の世界は無限に広がります。是非僕たちと一緒に想像の世界で遊びましょう♪

ーありがとうございました。

平田・
ところでキミ誰?





【The ONE】オフィシャルサイト

http://theone.soundtheatre.jp/


演劇ライフ 【The ONE】

http://engekilife.com/play/24257


和の会 トップページ

http://www.hosho-wanokai.com/


ファンプラス 【寺山修司ワールド】

http://fanplus.jp/_terayama_/goods/contents/5971/


Posted at 2013年02月22日 [金] 14:30 | カテゴリー:雑記 |

独占取材!平田広明、朗読を語る

IMG_4265.jpg IMG_3563.jpg IMG_7482.jpg

【THANATOS】や【だれが子猫を切り抜いた?】など、このところ朗読や朗読劇をやる機会が多くなっている平田さん。【The ONE】【葵上】の公演を前に、朗読に対する思いや朗読の魅力を伺ってみましょう!…って誰が伺うの?



ー最近、朗読する機会が増えた様に思いますが?


平田・
かなり以前からナレーションや朗読に興味を持っていました。
俳優の仕草や表情などのビジュアルに頼らず、言葉の持つ力やリズム、温度の様なものだけを大切にしてメッセージを伝える朗読という手法は、シンプルな故に難しく、その分とても遣り甲斐のあるジャンルだなと感じました。
声優の仕事はせず、舞台役者だけをやっていたら、朗読の魅力には気付かなかったかも知れません。

ーそれは何故?

平田・
舞台に立つと役者は身体全部を使うでしょ?
情況なり心情なりを全身で表現する。
表情が言葉を補い、言葉が表情を説明する訳です。
無論、舞台装置や小道具なども物語を把握し、展開させていく上で欠かせないアイテムです。
声の仕事の場合でも、海外ドラマやアニメなどは、役者やキャラクターの表情がきちんと描かれていますが、厳密に言うと演じる声優個人の表情ではなく、言葉のリズムも先に作られています。
そういう制約のある中で演じているうちに、もっと他の制約があった場合はどうなんだろうかと思う様になりました。
言葉は自由に使えるけどビジュアル的な表情は一切無い、言葉だけで果たしてどれだけ表現出来るのか、どこまで伝える事が出来るのかと。

ー具体的には?

平田・
これはナレーションなんですが、何かをしながらテレビを観ている時、集中して観ていなくても言葉がスーッと入ってくる事がありますよね。
聞き流しているのに情景がクッキリと浮かぶ。
これはもう言葉の力だと思います。
舞台役者として全身で演じても『なんか意味わかーんなーい』って言われた経験がある身としては『なんじゃコリャ!』と驚く訳ですよ。優れた語り手って凄いですよね。

ー朗読でも同じ事が言えると?

平田・
そうですね、聞き手に想像して貰うという点では芝居よりナレーションに近いと思います。
以前ラジオで朗読をさせて頂いたんですが、これは難しかった。
リスナーに見えるのはラジオのスピーカーだけ、想像の助けになるのは最小限の効果音とBGMだけなんです。
極力聞き手の想像力に委ねる訳ですから、語り手次第では台無しになってしまう。ディレクターから山ほどダメ出しされました。
舞台で朗読した【船弁慶】や【THANATOS】は、衣裳や読み手の表情など視覚による情報が増えますが、その分お客様のイマジネーションを妨げる事にもなります。
決められたビジュアルを提供する事で、ある意味“想像する楽しみ”を取り上げてしまう訳ですから。
しかし衣裳や役者の表情が邪魔という訳ではなく、それらはプラスアルファのオプションという事にして、飽くまでも言葉の持つエネルギーだけで伝えられる様になる事が僕の理想ですね。

ー舞台で朗読する魅力とは?

平田・
観客と一緒になって物語の情景を想像するのが楽しいです。
例えば、

ー長くなりそうなので続きは次回にしません?

平田・
えーっ!じゃまた。





【The ONE】

http://theone.soundtheatre.jp/



演劇ライフ 【The ONE】

http://engekilife.com/play/24257



和の会 トップページ

http://www.hosho-wanokai.com/



ファンプラス 【寺山修司ワールド】

http://fanplus.jp/_terayama_/goods/contents/5971/



※写真の葵上のチラシは平田がナビゲーターを務める【宝生流能楽公演・体感する能|葵上 梓の出】のもので、朗読能のチラシではございません。朗読能シアターのチラシはもう暫くお待ち下さい。


Posted at 2013年02月13日 [水] 9:52 | カテゴリー:雑記 |

毎度、ご無沙汰星人だぞっと♪

IMG_0466.jpg IMG_8412.jpg IMG_4598.jpg

どうも、久しぶりのブログで恐縮です。


あっという間に1月が終わり、今年も残すところ11ヶ月を切りました。

もーいーくつ寝ーるーとお正月ぅー♪なんてな。



さて、アリオ八尾のイベントには大勢の皆さんにお越し頂き、ありがとうございました。

ステージに上がった瞬間、皆さんの盛大な歓声にビックリ!
早くから整理券に並んだり、立ち見の場所を確保したりと、さぞお疲れだったろうに、キラッキラの笑顔で迎えて下さって感激でした。

短い時間だったけど、思いっきり楽しませて頂きました♪

皆さんも楽しんで貰えたかしら?



相方なしでお喋りするのは久しぶりなので緊張しまくりでしたが、皆さんの笑顔を見て嬉しくなっちっち♪リラックスして豆まき出来ました。

ゲットした人、食べた?それとも撒いた?



映画の舞台挨拶や作品ありきのイベントも一体感があって盛り上がりますが、学園祭やアリオ八尾でのトークショーの様に、一つの作品に拘らず、自由にお話し出来るイベントもいいですね♪



これからも楽しいイベントに沢山呼んで貰える様に自分以外のセリフ、練習しとくからねー♪





朗読能の新作も告知されました。

イベントも大好きですが、作品を通じて皆さんと共有出来る空間も大切にしていきたいと思います。



2013年も残り11ヶ月、元気よく思いっきり走り抜けましょーっ!



でもたまには一服しましょー♪


Posted at 2013年02月4日 [月] 14:22 | カテゴリー:雑記 |